Home » お土産 特産・名産品, グルメ, ニュース, 波照間島, 竹富島

新たな特産品に 黄金サブレなど4品開発

2011/03/23 No Comment


黄金サブレいいですね!
サータアンダギーに続くお菓子の名産品担ってほしいです。
・・・・・
竹富町商工会(上勢頭保会長)は22日午後、2010年度竹富町地域ブランド加工製品開発・企画販売支援事業の一環として、波照間島でもちきびの生産販売を行っている農事組合法人うれしい農(仲底善信理事長)と波照間漁業集落(加屋本真正代表)が新商品を開発したことを発表した。

 同事業は、ふるさと雇用再生特別交付金事業を活用して竹富町ブランドを形成するため、特産品・加工製品開発や企画運営、販売支援事業を推進し、ブランドとしてアピールするのが目的。

開発された新商品は波照間産の黄金(くがに)もちきびを使ったスープや黄金サブレ、ゴマやピパーチなどを混ぜ込んだ黄金サタパンベー(サーターアンダギー)。
波照間近海で取れたセーイカやブダイ(イラブチャー)、雑魚を使ったソーセージ型のかまぼこ。

同日午後、町商工会事務所で会見した上勢頭会長は「新商品は特産品を使い、お歳暮品として伸びる可能性が高い。
産業まつりでもアピールしていきたい」と話した。

仲底理事長は「大きさや形を考えるのは大変だったが、米粉と混ぜ合わせることでモチキビの活用の幅が広がる。今後は食パンなども研究し、サブレのミックス粉なども検討したい」と話し、建設中の生産工場が完成次第、販売を始めていく方針。

波照間漁業集落書記の玉城昭さんは「伝統的なかまぼこをソーセージ型にした評判はよかった。一つひとつ手作りで形は異なるが、手作りの良さが出たと思う。島内の民宿をはじめ、地元で流通させ口コミで広がれば生産拡大も検討したい」と述べた。

http://www.y-mainichi.co.jp/news/17975/

Related posts:

  1. 生かせ 波照間の特産物 農・漁業者が食品開発
  2. デイゴ再生のお返ししたい 竹富公民館、被災地に13万円余


Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.