Home » ニュース, 小浜島, 観光

八重山原点に沖縄発信 県の平田部長が抱負

2011/04/21 No Comment


是非有言実行していただきたいです。
・・・・・
 竹富町小浜島出身で、本年度から新設された県文化観光スポーツ部の部長に民間から登用された平田大一さん(42)が7日、就任以来初めて八重山地域を訪れ、行政機関や観光協会などであいさつ回りした。

 同町役場では川満栄長町長や町職員が総出で「地元の誇り」を歓迎した。平田さんは「八重山は自分の原点で、竹富を根っこにして頑張ってきた。沖縄の魅力に付加価値を付けて世界へ発信したい」と意欲を述べた。

 この日は同部職員と共に県八重山事務所や石垣市役所、市観光協会などを訪問。これまで舞台演出家として活動してきたことから、各訪問先では「沖縄を一つのステージに見立てた場合、県は『演出家』として大きな方向性、新しい観光ビジョンを示す必要がある」と強調した。

 東日本大震災が沖縄観光に与える影響も懸念し、「沖縄には『命(ぬち)どぅ宝』という言葉がある。『命とまっすぐ向き合う沖縄』のテーマを県外、海外へ発信していきたい」と力を込めた。

 川満町長は平田さんと握手を交わし「離島苦を味わい、離島を知り尽くしている平田部長はこの職にふさわしい。県の良さをPRし、感動や満足、癒やしを与えるべく頑張ってほしい」と激励した。

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-04-20_16818/

Related posts:

  1. 成田-那覇を980円で スカイマーク
  2. 沖縄旅行中止 1万人超え
  3. 車も宿も 被災者滞在を格安支援
  4. 大型クルーズ船が石垣港に初入港
  5. 恋ホタル 誘う光跡 石垣の森


Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.