Home » お土産 特産・名産品, イベント, ニュース, 石垣島, 観光

2万人以上の集客目指す 産業まつり実行委

2011/04/8 No Comment


イベント開催のニュースが続いて嬉しい限りです。
・・・・・
 「2011八重山の産業まつり」第1回実行委員会が7日午後、八重山合同庁舎会議室で開かれ、5月14・15日に石垣市中央運動公園屋内練習場・周辺会場で開催することを決めた。東日本大震災の被災者に配慮して中止することも検討されたが、「各地域が元気になることが必要だ」(実行委)として例年通りの開催となり、「Y1グランプリ」など新たなイベントも実施し、2万人以上の集客を目指す。

 産業まつりは「八重山の新たな発見!創りだす未来!」をテーマに多くの出展業者が新しい商品や新サービスを発表し、広く発信することにより八重山地域の産業振興を図ることが目的。
 会議では八重山青年会議所理事長の黒島栄作実行委員長が「東日本大震災の影響で日本全国が落ち込んでいるが、各地域が元気になることが被災地の復興につながる。今年も例年以上の集客に取り組みたい」と述べ、2日間の開催日程や事業内容を報告し、承認された。

 今回新たな取り組みとして開催される「Y1グランプリ」は地元の出展業者から出された商品を大手バイヤー(予定・ロフト、明治屋、コープ沖縄、新宿伊勢丹)が加工食品、非食品、飲食物などの部門別で表彰するもの。

 同イベントでは現状の商品力の把握、未来の石垣島ブランドの育成、マーケットと連携するための市場化ネットワークの醸成を図ることを目的としており、実行委後の記者会見で黒島実行委員長は「バイヤーの目を通して商品を伸ばすことを考える良い機会になってほしい」と新たな取り組みをアピール。

 会場では屋内外100社のブースを予定しており、週明けから出展ブースの募集も行う予定。フリーマーケット(約20ブース)や高校生市場をはじめ、各高校の郷土芸能や青年会の舞踊、各種パフォーマンスなどの舞台も予定されている。

http://www.y-mainichi.co.jp/news/18081/

Related posts:

  1. 女性各団体が活動紹介 まるざーフェスタ開幕
  2. 行事簡素化し海びらき 震災に配慮、関係者のみで安全祈願
  3. 石垣島トライアスロン2011開催へ 激励込めた大会に
  4. 八重山地方 キャンセル客拡大、27ホテルで1万1228人に 実態は2、3倍か
  5. 石垣で市民参加のチャリティーフリマ - 被災地のため義援金募る


Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.