Home » グルメ, ニュース, 石垣島

ジューシーな肉質評判 「石垣黒鶏」県内外へ

2011/04/6 No Comment


石垣牛に続けるか。注目です。
・・・・・
 石垣市のうるずんファーム(田島信香(のぶよし)社長)が生産、販売する「石垣黒鶏(くろどり)」が今春、沖縄本島と県外に本格進出する。
島の自然の恵みを生かして育てられた鶏は、きめが細かく軟らかい肉質が評判で、ホテルなどへの出荷が始まった。
まだ知名度は高くないが、生産者らは「石垣牛に次ぐ第二のブランドに育てたい」と意気込んでいる。

 石垣黒鶏は、愛知県で繁殖させたフランス原産のプレノワール種を、生まれたその日のうちに石垣市内の養鶏場に運び、120~140日間、じっくり育てる。

 生産のきっかけは、島内の食材を県外に出荷していた新城師忠(もろただ)さん(60)が4年前に取引先から同種を紹介されたこと。
その後、新城さんが、伊藤ハムに35年勤めて島に戻ってきた同年生の田島さん(61)に声を掛け、二人で生産を本格化させた。
「ほかのプレノワールと差別化したい」(新城さん)と、飲み水は風化サンゴと炭でろ過してEM菌を加え、餌も天然の原料にこだわる。肉の臭みが消え、うま味が強くなるという。

 昨年12月には鶏舎内に鶏肉をさばく加工所も新設し、ことし1月には商標も登録した。現在の出荷数は月に400羽ほどだが、今後、600羽に増やす計画だ。

 すでに石垣黒鶏の料理を出しているザ・ナハテラス(那覇市)の新垣敏光総料理長(58)は「ジューシーでおいしく、焼いた時の香ばしさがある。地元沖縄の食材は観光客も喜ぶからいい」と話す。石垣市内で「石垣黒鶏ぽーじょ」を経営する藤倉守さん(40)は観光で石垣に来た際に味にほれた。「ブロイラーと肉のコクが全然違う。まだ無名だけど大きなブランドになる」と期待した。

 石垣黒鶏の問い合わせはうるずんファーム(電話)0980(88)8620。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-175740-storytopic-4.html

No related posts.



Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.