Home » Featured, イベント, ニュース, 石垣島

石垣で市民参加のチャリティーフリマ - 被災地のため義援金募る

2011/04/6 No Comment

この活動が被災地の復興に少しでも役立つことを祈ります。
・・・・・
 石垣市中央運動公園屋内練習場で4月3日、「東北地方太平洋沖地震被災地支援チャリティーフリーマーケット」が開催された。主催は石垣市。

 東日本大震災の支援を目的に、八重山青年会議所、石垣市商工会青年部、石垣市女性団体ネットワーク会議、親子石ガキクラブ、市内の美容・理容7業者が共催として実行委員会を組織。
出店者は売上金の50%を義援金として寄付した。

 当日は10時の開店前から多くの市民が足を運んだ。

 会場には市内約50の団体・個人が出店。
古着やおもちゃ、書籍やCD、焼き物やOA機器などが並び、飲食コーナーや美容師のヘアカットコーナーも設けられた。キッズコーナーも準備して小さな子どもにも対応。
出店者や来場した子どもたちが絵本を読んだり、仮設の遊具やおもちゃで遊んだりできるよう工夫した。

 「いしがき島やきもの祭り」実行委員が出店した焼き物コーナーでは、通常の半額以下で売り出される商品もあった。
陶芸家の一人、圷徳子さんは「2、3日前の呼びかけにも関わらず有志の11業者(寄付も含め13業者)がすぐ集まった。お客さんにも多く来ていただき、支援に対し手応えを感じている」と話す。
 
 八重山調理師会が構えた屋外の飲食コーナーでは、そば170食、太巻きずし・いなりずし各60食、からあげ50パック、ホットドック50本を用意。13時過ぎには完売したという。
 
 またヘアカットコーナーには希望者がひっきりなしに訪れ、閉店まで常に満席状態。カット待ちの客が並んだ。カットを終えたばかりの30代男性は「とてもさっぱりした。少しでも被災地の方へ役立てたかと思うと一石二鳥でうれしい。
僕も被災地の方々にできることを考えてやっていきたい」と話していた。カット代の1,000円は全額寄付に充てた。

 運営に当たった八重山青年会議所のメンバーは、「他でも同様のフリーマーケットは行っているが、それに比べて集客も出店も多かった。また通常だと子ども用の古着が大半で参加者も子ども連れが多いが、今回は一般の参加も多く、震災に対する市民の意識の高さがうかがえた。今後も機会があればいろんなイベントを企画したい」と手応えを語る。

http://ishigaki.keizai.biz/headline/733/

Related posts:

  1. 石垣島トライアスロン2011開催へ 激励込めた大会に
  2. 八重山の海びらき-震災配慮し、海の安全祈願
  3. 行事簡素化し海びらき 震災に配慮、関係者のみで安全祈願
  4. 石垣市、被災した子どもたち受け入れへ
  5. 石垣から支援物資を被災地へ-子ども服や絵本、黒糖など


Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.