Home » Featured, Headline, イベント, 那覇, 音楽

街角に支援の輪 県内各地でライブ

2011/03/21 No Comment


自分にも何かやれることはある。改めてそう認識する活動です。

・・・・・
「自分たちができる支援を」―。

東日本大震災の被災者を励まし、被災地の復興に役立てようと20日、音楽やスポーツなどを通じた支援の動きが相次ぎ、助け合いの輪が広がっている。
著名人から小学校の吹奏楽部までそれぞれの形で被災地の状況に思いを重ねる。
街頭で、学校で支援を呼び掛ける声が響いた。

チャリティーライブ「EARTH AID(アース・エイド)」(主催・同実行委員会)が20日、那覇市の国際通りのむつみ橋交差点であり、喜納昌吉さんや元紫の宮永英一さんら県内外で長年活躍するミュージシャンが出演、歩行者に義援金への協力を呼び掛けた。

実行委員長の喜屋武幸雄県音楽文化振興会理事長は「音楽の島沖縄から被災地に元気を届けたい。
共助、ユイマールの心で、支援を続けていきたい」と意気込んだ。支援の継続に向けて8月末まで那覇市を中心に沖縄市、宜野湾市などでもライブを開く。

次回は27日午後2時から那覇市のパレットくもじ前広場で。実行委では出演者も募集している。問い合わせは喜屋武理事長。電話090(7925)5814。

かりゆし58など那覇で募金活動

 県出身の人気アーティストかりゆし58の前川真悟さんやしゃかりのチアキさん、琉球コラソンの選手らと学生団体「ゆいまーるfor東北」のメンバー総勢50人が20日、那覇市てんぶす館前広場で東日本大震災の募金活動をした。

 かりゆし58の前川真悟さんは「遠い沖縄で被災地を思う人たちがいるだけでも支えになると思う」と協力を呼び掛けた。

 東京で震災に遭った琉球コラソンの水野裕矢GMは、交通手段が断たれ、誰とも連絡が取れなかった経験から「こんな不便さが続いているのは大変なこと。福島に連絡が取れない知人もいる。被災地を応援していきたい」と話した。

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-03-21_15703/

Related posts:

  1. 音楽で被災者支援 出演者協力、募金箱も 沖縄市レイラ


Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.